生まれてきた意味が分かると、生き方はずいぶん楽になる・・・かもしれない。 – 楽庵 ヒプノセラピー&経絡整体

News & Topics

生まれてきた意味が分かると、生き方はずいぶん楽になる・・・かもしれない。

2019年6月3日 | お知らせ

Human hands hold and preserve a young plant

「生まれてきた意味」

多くの人が長い人生の中で時々疑問に思うことがあるのではないでしょうか?

私自身、17才の頃に「何のために生まれてきたんだろう?」という疑問を感じ、ずっとその答えを探してきました。

幼い頃から結構個性的で、興味のあることには強い集中力を発揮しますが、興味のない事には全く気持ちが動きません。

自然に関する知識は貪欲に学ぶものの、学校で教えてくれる知識・・・いわゆる勉強というものにはほとんど見向きもせず、小中学校での成績は惨憺たる結果でした。

自慢ではありませんが、夏休みの宿題でまともにできたものはほとんどありません(笑)

「それは自慢することじゃありません!!」とおしかりを受けそうですね。

また、小学校5年生の時に授業に対する余りの集中力の無さから、担任の先生から「この子はどうした子ですか?」と母が問われ、児童相談所へ連れて行かれ能力テストを受けさせられたこともありました。(そんな私をおおらかに見守ってくれた母には、只々感謝の想いでいっぱいです。)

そんな状態で中学までを終え、その後は身体の成長と共に多少は勉強にも興味を持ち、中の下程度の成績は取れるようにはなりましたが、ちょうど高校性の時に先の疑問が芽生えました。

その疑問は私の中でずっと育まれ続け、いくつもの仕事をはじめ、哲学や宗教を経験し学びながらヒプノセラピーと出会った時にようやくその答えにたどり着くことができました。

ヒプノセラピーは、催眠状態に入り心のケアを行う心理療法ですが、その療法の中には「前世療法」と呼ばれる、自分で自分の過去世を確認できる療法もあります。

つまりは、人は生まれ変わりを繰り返しながら様々な経験を通して成長しているんだという考え方にたどり着きました。

そこからよやく「現世」、つまり自分の今の人生の意味や目的を理解することができました。

「私は何のために生まれてきたんだろう? 現世で何をしたいのか? どう生きたいのか?」など自分の求めていた答えが見つかったとき、ようやく迷いなく今の人生を生きていけると強く感じました。

そう感じられたのは40代の半ばでしたが、そこからさらに10年ほどが過ぎる中で「この世を卒業するとき」、つまり「死」を迎える時は心残りなく、納得の人生だったと感じられる人生にしたいと心から感じています。

今ヒプノセラピーと整体でココロとカラダのケアを仕事としていますが、迷いなく自分の人生を生きれるということがどれほど嬉しい事かということをつくづく感じています。

もちろん生きる意味が分かったからと言って試練が無くなるわけではないので、一所懸命に生きなければならないことに変わりはありませんが、「迷いなく生きれるかどうかで気持ちがとても楽になるものだなぁ。」ということを深く感じています。